So-net無料ブログ作成

なんとなく気になった物事

普段気にも止めてなかったけれど、なんだか突然気になってしまった事などを書いていこうと思います。

 

クリスマスローズの種類はたくさん!?花言葉は? [豆知識]

クリスマスに花といえば、、

クリスマスローズが思い浮かびます。



24日頃に咲くものもあれば、
2月頃に咲くものもある。。

クリスマス周辺で咲くから
クリスマスローズと思っていましたが、

どうもクリスマスローズにも
多くの種類があるらしいのです^^;・・。








<スポンサードリンク>







medium_5223161500.jpg



<クリスマスローズとは?>




ドイツやイギリスではクリスマスを祝う花として
知られています。



クリスマスローズは「冬の貴婦人」とも呼ばれ、

冬の花の少ない時期に咲く花としても
知られています。




昔話として、

むかし、イエス・キリストが生まれしクリスマスの夜

聖なる夜を祝い贈るものがないと悲しんでいた
1人の少女がいました。


そんな少女が雪積もる地に触れると
天使がプレゼントしたかのように、、

そこにとってもきれいな白い花が咲いた。

そんな花を贈り物として捧げたとか。





「冬の貴婦人」といい、昔話といい、


クリスマスローズはなんとも不思議な印象
持たせる花のようですね^^。




このように本来ならばクリスマスに咲く花で、

「ヘレボルス・ニゲル」というものを指して
「クリスマスローズ」と呼ぶのですが、



ヘレボルスという植物の総称を持つもの達を
「クリスマスローズ」として扱っている。



このために

クリスマスに咲く「ヘレボルス・ニゲル」も

2月位に咲く他のヘレボルスも両方

日本ではクリスマスローズとよばれるのです。






<クリスマスローズの種類>




クリスマスローズは交配が簡単な為、
いろいろな種類が存在します。



それがオリジナルな美しいものが
できたりしますので、

多くの人にも人気があります!



しかし、

元をたどると、約20種類に分けることができます。



その分け方としては、

葉っぱや花の咲き方で
「有茎種」と「無茎種」、「中間種」に分かれます。




その中で、

中間種の「ヘレボルス・ニゲル」が
「クリスマスローズ」と呼ばれているという訳です。




<< 売っているクリスマスローズもこんなに種類が‥ >>



<クリスマスローズの花言葉>




昔話のストーリーからすると

なんだかあったかくて、ほのぼのした花言葉
ような気がするのですが・・・・




クリスマスローズの花言葉

「追憶、中傷、慰め、スキャンダル・・・。」




クリスマスのイメージやストーリーと
かけ離れている気がします^^;・・。。



”冬に咲く”ということがやけにフォーカスされて
いるような気がするのはじぶんだけでしょうか?




それにしても、

「冬の貴婦人」が「中傷、追憶、スキャンダル」

なんとも微妙w・・・。



medium_8744446476.jpg

ちなみに、

他の「レンテンローズ」という種類の花言葉

「固い友情、慰めて、追憶、丈夫・・」


少し軽くなくなった気もしますねw。。



系統は一緒ですが^^;・・w。。



medium_3497878778.jpg

クリスマスのほのぼのとした食卓に

”ターキーとケーキとロウソクとクリスマスローズ”

というTheクリスマス的な状況でも、

クリスマスローズの花言葉は思い出さなくていいかと^^。



冬に力強い咲いてくれるだけでも素敵!

ということにしておきましょう!?^^!



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。