So-net無料ブログ作成
検索選択

なんとなく気になった物事

普段気にも止めてなかったけれど、なんだか突然気になってしまった事などを書いていこうと思います。

 

実は恐ろしい清水建設のグリーンフロート? [日記]


 環境アイランドGREEN FLOAT

2013y07m22d_203035093.jpg



最初「グリーンフロート」と聞き、一体何のことか分からず、

メロンソーダとかみたいなアイスがのった飲み物の一種?

とか思ってしまいましたが。^^;。。。


「グリーンフロート」とは清水建設が提唱した環境アイランド

<環境時代の新しい豊かさ>のキーワードとして

    ・幸せ指数
    ・時間銀行
    ・子供の夢
    ・大人の楽園
    ・新ビジネスの芽    を挙げて


“植物質な都市”という発想から生まれた。

先程のキーワードを含めて自然にと共に共生し、
生態系の一部として一緒に成長していくこと。
=一つの植物のような都市として
この新環境都市モデルが生まれたそうです。



2013y07m22d_202941671.jpg
           ( (c)清水建設株式会社)

太陽を中心として、エネルギーの生産から排出物のリサイクルも

含め、一つの循環を都市で行い自己完結するといった感じ。

場所は赤道直下の太平洋にこの環境都市は浮かぶ。


理由は「最も太陽のめぐみが多くて、最も台風の影響少ない為」


中央のタワーの高さは1,000メートル
          幅は3,000メートル

大きく3つの部分に分かれ

    ①タワーの高さ700メートル以上の部分
     高度の気温は一年中26℃から28℃と一定に保たれるので
     3万人が住むことが可能な日常生活の部分になる
    ②タワーの高さ700メートル以下の部分
     植物工場などが設置される
    ③一番下に広がるビーチの部分
     植物による生産も行い、一万人が住むことも可能


そしてこの人工島は人口の増加にともなって増やし

1セル:半径1kmと定義し
1セル→1モジュール→1ユニットと

その規模を大きくしていく



イメージとしては「蓮の花」のような感じでしょうか?

そのサイクルは自然エネルギーを最大に活用し

食料の自給自足・廃棄物の再資源化を循環し

人と生物がバランスよく共生する。

構想についてはこの動画がわかりやすいです↴↴↴

             (by pismohirokun)



<シミズ・ドリーム>とあるようにとても面白いプロジェクトだと思います。

宇宙に浮かぶコロニーの地球内海編的感じをうけました。

グリーンフロート実現の為の技術開発等はこれが実行されるされないは

べつとして価値ある技術が出てきそうですしね^^。

ただ、、

自然と一体化は安全はある程度放棄?
ある意味開拓者達が住む?
そうすると結局は「人」にフォーカスが当たる?
実用的技術云々よりも暮らすということは
結局はそこなのかなといった気がします。。

住みたいですか??

リゾート地みたいならまたちょっと違う気もしますね^^。


全く関係ないけれど、、、、

ドバイの一大リゾートどうなったんだろう??









スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 3

NO NAME

沖の方にあるから津波の心配は無しまたタワーの直径が大きければ高さ1000mも今の技術で建設可能
by NO NAME (2013-11-23 07:05) 

kazu-00

そうなんですね^^。
ありがとうございました^^!
by kazu-00 (2013-11-26 02:52) 

むらむら

安定した生活基盤が既にある人は住まないでしょうね。
農家の次男坊wのように、ある程度人生で冒険をしないといけないと考える人は、一定数いるので住むと思いますよ。

観光業と水産、畜産といった仕事は間違いなくありますから。
by むらむら (2014-10-15 08:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。